校長挨拶

校長 飯島康之

本校は、昭和48年4月に刈谷市北部に位置する愛知教育大学の隣接地に創立しました。近隣の高校と比べますと, 一学年200名という小規模校ですが、これまでに8000名を越える卒業生を輩出し、卒業生は社会の各分野ですばらしい活躍をされております。

本校は、国立大学附属学校として、文部科学省による国立大学附属学校の新たな活用方策等について等に基づき、教育実習生の受け入れ、教育研究発表会の積極的開催、高大連携教育による教育職へ強い意欲ある優秀な生徒の育成と愛知教育大学への推薦などにより役割を果たすとともに、それらの活動を通し生徒の学力向上に努めております。さらに、中高生の科学研究実践活動推進プログラム(科学技術振興機構)への参画やオーストラリア・アイバンホーグラマースクールとの相互の語学研修活動など、現代社会における科学技術の発展やグローバル化に対して生徒の目が向くような指導も心がけております。

学校行事の一つに碧海野(あおみの)祭があります。碧海野とは愛知県東部、三河地方の矢作川の西側に当たる地域を指し、現在の刈谷市・安城市・高浜市・知立市・碧南市の5市は碧海5市と呼ばれています。「あおみの」名の由来は大宝年間以前に遡るとされ、その歴史の重さを感じ、校歌の最初の歌詞や校誌名にも使われています。碧海野祭は1学期の体育祭と2学期の文化祭として行われ、体育祭は縦割り学級によるグループ編成の競技や応援合戦・団旗制作など、文化祭は課外活動の成果発表や各学年クラス発表など、いずれも生徒会の主体性を重視し、生徒間の協調性と創意工夫が盛り込まれた自慢の活動です。

校歌には本校の教育目標である「あたたかな人間になろう、たくましい人間になろう、おおらかな人間になろう」という歌詞が含まれています。これは、孔子が人生において守るべき教えを彼の弟子に説いた中にある、恕(穏やかなるおもいやりの心)、剛(つよい意志)、淡(たんたんとした親しみのある心)という言葉を受けて引用されたと解釈され、現在の社会においても大切に守っていかなくてはならない目標であると考え, 本校では大切にしています。

ホームページでは本校の概要の他、日々の様子を発信していく予定です。
皆様には、本校のますますの充実発展のためにご理解とご支援をお願い申し上げます。

 


2016/8/29から, 附高生へのチャレンジ, 作っています。