校長→附高生:09(10/24):「牛乳パックはよくできている」を実感してもらうには

 

飯島校長は大学での担当科目「算数科教育」では,「知識や解き方を教えるだけではない」ことを実感してもらおうと工夫する。

  • たとえば, 「牛乳パック」は実に工夫されたつくられているのだが, それを説明するのではなく, できるだけ子どもが気づき, 考え, 発見し, 「なるほど」と思えるように, 授業を工夫しようねと, まず実感してもらい, そういう工夫をできるようにならないと, 教育学部としての学生ではないのだと, 語ったりする。
  • 実際, 「小学生として知っておくべき算数」の知識が足りない学生はほとんどいないし, 「算数なんてもう学ぶことはない」と思っている学生は多い。
  • 「こういう問いを投げかけると, こういうことを考えてくれて, 次にこうなって,…」というような, ドラマの筋書きのようなことを考えるのだが, 私は次のような流れで模擬授業をすることが多い。
  • それを今回の問題にしてみたい。

問題

  • 1Lの牛乳パックがある。
  • 振ると…..音がする。
  • ということは, 牛乳の他に空気が入っている。
  • 牛乳パックのどの辺まで, 牛乳は入っているのだろう。
    • ここでみんなで予想をする。
    • 3パターンくらいある。
  • 誰の予想が正しいのかな。
  • 理科だったら, 切って開いて観察するかもしれないけど, 算数だから測定と計算だけでできないかな。
  • どこを測ったらいいだろう。
    • こんな感じかな?
  • どんなことがわかる?
    • 計算してもいい。
    • でも, 正確な計算をしなくても, わかることもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ということは, ○くんの予想は却下されたのかな?
  • 本当はどこまで入っているのだろう。
  • 何を調べたらいいのかな?
    • こうして, 続いていくのですが, …
    • 続きは実際に牛乳パックを目の前にして, 考えてみてください。
      • さて, ここからが本当の問題です。
      • (1) 「続き」をちゃんと行うと, どんなことを発見するのでしょう。
        • けっこう「奥が深い」です。
      • (2) あなたなら, 「牛乳パックはよくできている」点を, どうまとめますか?
      • (3) 結果を直接教える方法と比較して, 子どもが「どんな学びをする」ことを期待しているでしょう。
      • (4) そういう学びは, 21世紀に生きるみなさんにとって, どういう力になると期待しているのでしょう。